頻度はどれくらい!?機械式時計のお手入れについて

外観のお手入れは毎日やっても大丈夫

機械式時計をいつまでも使い続けるためには、お手入れをする必要があります。まず一番大事なのは外観のお手入れですが、手垢や汚れなどが付着している場合には、柔らかい布などを使って綺麗に拭き取ることが大事です。頻繁に使うため汚れが付く場合には、こうした外観のお手入れを毎日続けていても問題はありません。使い終わったらサビなどの発生を防ぐために、しっかりと汚れを拭き去るという習慣は機械式時計を使い続ける上ではむしろ重要な事です。

オーバーホールは必ず行う

機械式時計のオーバーホールは必ず行うようにしましょう。頻度としては年に一回から二回程度行うことが適切です。機械式時計のオーバーホールでは、内部の機械の部品についた汚れをとったり、歯車などが消耗している場合には、それを交換したりすることで、機械式時計を正確に故障なく使い続けられるようになります。オーバーホールは時計の専門店や、機械式時計を購入した店舗ならばどこでも受け付けてくれますから、必ずやってもらいましょう。

ゼンマイの交換も大事

機械式時計が動く仕組みとしてはゼンマイの動きが一番重要ですから、ゼンマイが壊れてしまった場合には、そのまま放置するのではなく、必ず交換してもらいましょう。よほどオーバーホールをサボらない限りはゼンマイの破損はありませんが。稀に通常使用しているうちに切れてしまうことがありますから、その場合には早めに交換することも大事です。機械式時計はメンテナンスをすることで、より長く使い続けることができますから、忘れずに行いましょう。

パテックフィリップとは、1839年創業のスイスの高級時計メーカーです。丈夫かつ精巧につくられ、デザイン性のみならず実用性にも非常に優れています。